優勝パレード

先日、高校野球全国大会の組み合わせ抽選会が行われ、いよいよ明日から甲子園が開幕する。
私が住む福岡県からは初出場の学校が甲子園の舞台に上がる。
宮崎県の高校と当たってしまい、いきなり初戦から九州対決となった。

近年、サッカー選手や体操選手がオリンピックに出場するなど、九州出身のアスリートが活躍を見せているが、どうも甲子園ではベスト16も遠い道のりとなってしまう。
ちなみに、福岡県代表校はこれまで4回の優勝を飾っている。

私が記憶があるのは92年の大会だけなので、あまり記録をしらなかった。
昭和40年代に優勝した大牟田市の学校。
野球部OBが今朝のローカルニュースに出演していた。

部員20余名のチームは楽しむことだけを考えて全国大会へ挑み、見事初出場ながら優勝した。
当時主流だった炭坑産業の先行きが不安視され、暗い時代だった福岡県に明るいニュースをもたらした。
なんと北九州市小倉から熊本県近くの大牟田市まで140kmにおよぶ優勝凱旋パレードが行われたそうだ。

オープンカーに乗った選手たちに沿道から手を振る県民の列は140kmずっと途切れることはなかったという。
当時大牟田市の人口は21万人だったが、パレードの最後には35万人が駆けつけたそうだ。
大牟田市役所にも大きな「優勝おめでとう」の看板が掲げられ、パレードのゴールとなったようだ。

いまの時代ではさすがにそんな長いパレードはできないと思うが、県民の興奮が伝わってくるようだ。
毎年出場するナインには優勝の夢を託してしまうが、本人たちが楽しく、自分達の野球を甲子園球場で魅せてくれるのが一番だ。
暑い夏の高校野球、いよいよ開幕だ!

«